menu
閉じる
  1. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  2. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
  3. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方
閉じる
閉じる

モテる男の条件研究室

他と圧倒的な差をつける男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

比較などくだらないのですが、モテる男になるために、ほかの男と圧倒的な差をつけることは重要です。「あれ、この人なんかほかの男と違う」というのは、女性が男を意識する一つのトリガーなり得るんですよね。

 
最近は、雑誌やテレビなどの影響で男に個性がなくなっています。つい先日とある大企業の新卒担当者の方と話をしていたのですが、最近の就活をみていてもそうらしいです。同じような自己分析をして、同じような結果を導きだし、同じような文言をつらつらと述べる。どの子も全部似たり寄ったり。自分はちょっと海外に行ってきましたけど何か?みたいな男はたくさんいるけど、明治時代とかならたいしたやつだと思われたかもしれませんが、今となっては「だからなに?」という感じです。海外に少しだけいく人なんて山ほどいる時代です。行っただけで差を付けたつもりになっているのなら大きな勘違い。企業が新卒の人を仕方なく学歴で選んでしまう気持ちもわかります。というか同情します。だって学歴以外、比べるポイントがないんだもの。

 
この話を恋愛に置き換えても同じことが言えます。恋愛はタイミングだとよく耳にしますが、馬鹿ですね。恋愛をタイミングでしか選ぶことができなくなってきているんです。ようは、たまたま付き合えた、とかそんな感じ。もちろんタイミングは大切ですが、タイミングに依存していたらモテる男とはほど遠いですよね。実力以外で付き合って何が楽しいのか。いつでもあなたを選びたい、相手にはそう思わせないと、タイミングで付き合って、タイミングで別れる(捨てられる)ことになる。そんな話は腐るほど聞きます。もう聞き飽きた。お金の切れ目が縁の切れ目も同じです。お金でしか選ぶことができないんです。にじみ出ている雰囲気とかがみんな同じだから、「じゃあ、お金で選ぶか」となるのは当然です。女性に同情します。あなたが努力せず、人に流されてしまったのなら、ほかの男と内面からにじみ出るものが同じなら、あなたを振った女性に文句は言えません。振られて当然です。

 
では、どこに差をつければいいのか。

 
誤解を恐れずにいえば「内面」です。あなたが死ぬまで失わないポイントです。ここで差をつけることができればいいのです。先ほど、にじみ出ている雰囲気と表現しましたが、雰囲気で「何か違う」と感じさせる男性はモテます。相手の女性もあなたの内面は一生ものだと理解しているのであなたに夢中になるでしょう。お金がなくなろうが、あなたに惹かれます。

 
内面というのは差をつけるのがとても難しいです(だからこそ訓練をする意味があるのですが)。なぜなら、人間には生まれつきニューロンレベルで備わっている思考回路があるからです。最近は心理学の領域でヒューリスティクスという分野が人気ですが、これはプログラミングなどのジャンルでよく使われる言語です。心はプログラミングと同じように、単純で、命令通りに動くということを示している。

 
ヒューリスティクスについて詳しく言及することはここでは避けますが、ここに他の男と圧倒的な差を付けるためのヒントがあります。

 
あなたはこの人間本来の思考に逆らってください。あなたの身体の奥底に眠っているプログラミングから自由になりましょう。

 
たとえば満員電車の中で肩がぶつかってイライラして感情のまま舌打ちするのは普通の、そこらへんに転がっている、つまらない男です。そして、この社会で生きていたら人間は普通はそうなります。だけど、そこで考えてみる。「もしかしたら相手のほうが痛いかもしれない」

 
たとえば今あなたがすごく困っている。だから他の人が助けを求めてきても決して助けない。自分のことだけで精一杯。それが普通の男です。自分の命を第一優先に考える人間本来のあり方です。そこら辺の男と同じです。だから、逆らってみる。「相手のほうがもっと苦しんでいるかもしれない、ここで助けられるのは自分しかいないかもしれない」

 
映画などで主人公が主人公になれるのは、「他の人と違うから」です。そしてそんなストーリーに多くの人は共感し、主人公を指示します。人間本来のプログラミングされた思考回路から一歩抜け出しているからです。その行動は賞賛に値します。人間を少しだけ超えたもの、だからです。

 
多くの人は映画を見て感動するのに、いったん現実に戻ると主人公の勇気ある行動は忘れ去り、自分の思考回路に素直に生きます。そしてその他大勢の人間の一部となるのです。それではモテるはずもないでしょう。にじみ出る雰囲気もその他大勢と同じです。

 
他の男と違う雰囲気を作り出すためには、普段から考えることをやめないでください。思考の訓練を続けてください。自分は今、人に流されているのではないだろうか、その他大勢と同じ思考になっていないだろうか。

 
コツとして、当サイトにお越し下さっているようなモテる男になりたいあなたは「この行動は本当にかっこいいのだろうか?」と何度も自問自答してみてください。常に、です。妥協はしないこと。

 
悪い意味で人と外れてしまってもモテるはずがないですので、良い意味で人と違えるようになりましょう。人と違う思考、行動、雰囲気というのは、一朝一夕で手に入れることはできません。あなたは生まれつき決まった思考回路が備わっていますし、教育によって全員同じように成長するように育てられてきました。ですが、上記のように常に「これは正しいのだろうか?」と意識していると、ある瞬間から急にモテ始める、もしくは人から一目置かれている自分に気づきます。そうして一度コツをつかんでしまえばあなたは一生自然と他の男と差を付けることができ、モテ続けます。同時に周りにいる人間の質もあがるので(差をつけることができる人に囲まれ)人間関係も非常に豊かになるでしょう。

 
モテる男が増えれば、日本はもっと楽しくなる。がんばりましょう。

関連記事

  1. ロマンチックの使い方

  2. 彼氏のいる女の攻略法

  3. 女心の正体。

  4. モテる男のメールで大切なこと

  5. モテ期の作り方

  6. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方

おすすめ記事

  1. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  2. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
  3. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方

管理人のTwitter

ページ上部へ戻る