menu
閉じる
  1. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方
  2. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  3. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
閉じる
閉じる

モテる男の条件研究室

好きな女性へのメール術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな女性にメールをしようと思っても中々続かなかったり、我ながら凄まじくつまらない内容のメールを送っていたりすることは誰もが通る道の一つ。ですが、それで「メール苦手ー」と愚図ついていても前には進むことができません。現代においてメールは相手の女性の心を動かすことができる大切なツールの一つです。

 
大切なのは、メールの向こう側にはきちんと相手の女性(人間)がいると知ること。小さな携帯の画面に向き合っているだけだとそのことを忘れてしまいがちで、実際、忘れてしまっている男性がかなり多い。なんとかして相手の女性との関係性を良い方向に持っていこうとそのことばかりに気を取られて、占いの話題を出せばいいんだよとか何処かで聞いて、それを真に受けて、ドボン。

 
逆にいえば、少し視点を変えるだけで差別化できます。メールって簡単な連絡手段だからこそ、「大多数vs一握りのモテる男」、という図式が出来やすい。
コツとしては、もしも相手の女性がすぐに返したくなるような内容のメールが思いつかないなら、返さなくて良いんです。というか、返信しないほうが絶対良い。

 
大抵の女性は、メールの会話で、普段の会話とも違う独自の、蜷川幸雄もびっくりな世界観を演出します。男からすると摩訶不思議なその世界、迷い込んでしまったら負けです。呑んでも呑まれるな。

 
あなたはその女性の世界の中に入ってしまった男、ランクはかなり下位でしょう。だって女性が大好きなお人形ごっこのお人形に過ぎません。相手があなただろうが、お人形だろうが、同じことです。

 
繰り返します。女性が演出するメールの世界に迷い込んだからいけません。悪いことは言わないから、今すぐその世界から足を洗ってください。お人形さんになっても頑張ればなんとかメールは続きますが、それは恋愛ではありません。彼女たちの自己満足で、「あなた」(人間)を求めているわけではない。

 
だから、メールは無理に返さなくていいんです。出会い系なら話は変わってきますが、普通に友達とかで、どうしてもモノにしたくて、焦って、指先が勝手にメールを返してしまうというあなたはすでにお人形さんです。オズの魔法使いでいうところの、カカシの彼です。ボクは脳みそが欲しいと叫ぶ、あの彼です。思考能力を奪われています。あなたは、脳みそを手に入れてください。

 
女性の不思議な世界から抜け出すために、例えばメールは二行以上送らないと決めてみてください。いわゆる自分ルールというやつです。メールで失敗してきた方はこれでだいぶ変わります。二行って用件だけだったり、短文でふざけた文章を送るだけしか選択肢がないですが、それで全然大丈夫。確かに二行のメールのやり取りであなたを男としての見ていない女性に好意を持たれるのは難しいでしょう。だけど、そこに「メールをスルーする」という選択肢を入れるだけで、相手に抱かせる感情にかなりの幅を持たせることができます。わかりますよね?

 
「メールが返ってこない」というのはストレスです。人間はそのストレスを解消するために行動します。つまり、あなたに理由を聞きたがります。そして実際に会うとき、立場はあなたの方が上です。少なくとも、お人形さんではない。そこからは実際に会ってのコミュニケーション能力が必要になってきますが、相手の女性の反応、相手の女性がメールでのあなたに抱いている感情や心の引っかかりなど、すべての要素があなたにとってプラスに働きます。

 
メールでのコミュニケーションは実際に対面するときの前置きに過ぎません。あなたに好きな女性がいるならば、ぜひともうまく活用してください。

関連記事

  1. モテる男の合コンセッティング術

  2. 女心の本音としぐさ【メールなど】

  3. 女を口説く方法 口説き方とは?

  4. 好きな女がいる場合の話。

  5. 女性との会話の話題がないならば・・・

  6. 人に感動してもらえたことがある男はモテる

おすすめ記事

  1. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  2. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
  3. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方

管理人のTwitter

ページ上部へ戻る