menu
閉じる
  1. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  2. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方
  3. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
閉じる
閉じる

モテる男の条件研究室

モテる男と筋トレ及び筋肉の関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草食系男子が流行って、これからはマッチョなんて流行らないし、筋肉なんていらないじゃーんと思うようになった男も多いと聞く。ですが、草食系男子は装飾系男子。すぐにボロが出ます。筋肉は裏切らない。

 

注意してほしいのは、鍛えた自分の肉体そのものに興味がいって、それだけで女を落とせるなんて考えている男もいるが、検討はずれな話です。筋肉は付けたほうがいいですが、焦点を当てるべきポイントを間違ったらいけません。筋肉を装飾にしたらいけません。筋肉は内面からの自信に繋がるから、モテるのです。

 

筋トレをするというのは正直いって大変です。本格的にやろうと思ったら、毎日プロテインをはじめとするタンパク質類をひたすら飲み込み、辛い筋トレに耐えなければならない。そして続けるためにはモチベーションの維持が不可欠で「女にモテたい」というのが筋トレを続ける人のモチベーションの原点になっていることは多い。というか、それがほとんどだと考える。この段階のモチベーションで筋肉を付けている人は、運が良ければモテるかもしれないね、というくらいの段階にいると考えてよい。逆にいえば、思っているよりモテていないということ。

 

本当に筋肉を付けることでモテるオーラが出るようになるのは、その次の段階。ストイックさがオーラに変わったときです。さらに抽象的に申し上げますと、筋肉を優しさに変換できる男です。ストイックさが誰かを守るための力として滲み出ている男、といえば幾分かわかりやすいでしょうか。
心理学的に社会が貧しくなると、女性は太った男に惹かれるようになるというデータがあります。たらふく飯を食っているという余裕が生物的に女性を引きつけるわけです。その心理からみれば、同様に、筋肉がある男もモテるようになるのは当然です。

 

金持ちは筋トレをします。アメリカとかだと筋肉がなければ商談も成立しにくいです。日本人で、さらに筋肉がないなんてなめられます。欧米圏の文化で溢れている現代において、そのことの意味をもう少し考えた方が良い。

 

実際に筋トレを本格的に行ったことがある男ならわかると思いますが、一般的に筋トレするというのは凄く金がかかります。プロテインだって決して安くはないですし、ジムに通うならさらに金がかかります。なんといっても、時間を凄く取られます。それでも自分の身体をストイックに鍛えたほうが良いことの意味を今一度考え直した方がいい。表面的な筋肉ではない。優しさがにじみ出る筋肉をつけましょう。誰かのために鍛える。

 

もしもあなたが筋トレの意味をあまり深く考えたことがないのであれば、しっかりと意識すること。最初のとっかかりは上腕二頭筋だったり、人の目にしっかりと見える場所を鍛えても良いと思います。そこから突き詰めて、オーラまで考えることが出来るようになれば、あなたの筋トレはあなたの人生を充実することに繋がります。

 

日本人には日本人に合った筋トレがあるのでこれからはじめる方はきちんとそのことを意識して欲しい。もっといえば、本当ならパーソナルトレーナーをつけて「あなたに合ったトレーニング」をするように意識してください。プロテインとか食事とか、欧米のものをそのまま取り入れても、私たち日本人は決して筋肉を付けることが出来ません。

 

筋トレは「正しい方法」を知っているだけでほかの男と圧倒的な差を付けることが出来るから面白いですね。始めるのに遅いなんてことはありません。ダウンタウンのまっちゃんはかなり年とってからあの筋肉つけていますし・・・。

 

筋トレは、自分の身体がどんどん変化していくので内面からの自信に繋がる。このことをまだ知らない方は、当然無理強いはしませんが、ぜひとも一度実感してみて欲しいと願っています。

関連記事

  1. ファッションに気を使わなくてはいけないのは何故か

  2. モテる男の清潔感

  3. 服は実店舗で買うな

    「服は実店舗で試着して買う至上主義」と戦う

  4. 男のフェロモンの出し方

  5. simple-mens-shop

    きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ

  6. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)

おすすめ記事

  1. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  2. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
  3. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方
ページ上部へ戻る