menu
閉じる
  1. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
  2. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  3. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方
閉じる
閉じる

モテる男の条件研究室

人に感動してもらえたことがある男はモテる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人に感動してもらうのは、とても難しいものです。

勘違いしている人も散見されます。例えば、誰かのために誕生日パーティを開いている人がいたとして、その誕生日パーティを開いたこと(「開いてやってぜ!」ということ)をTwitterやらFacebookやらで周りに伝える人(自慢する人)、あなたの周りにもいませんか?主役を差し置いて、アップされる写真がそいつとそいつが作ったケーキだけだったり。そーゆー人って、男女問わず、まーびっくりするくらいモテないです。

自分のためにパーティを開いたことが見え見えですから、祝われる人の心には、意識的にせよ無意識にせよ、小さな「?」がたくさん浮かんできて、その「?」が心に蓋をして、心の底から感動することができていません。

あなたは本当に誰かのために動けたことがありますか?100%誰か他の人のことを思って動いたことがありますか?心の底から誰かに感動してもらえたことはありますか?

人に感動してもらうことの難しさを感じたことがある人は、ほんの少しでも人に感動してもらえたことがある人だと思います。そーゆー人はモテる人です。なぜなら、、((言葉にするとすごく安っぽくなるのですが))、、目の前にいる女性に、普段の生活でほとんど感じることができない安心感と運命感を感じさせることが出来るからです。

 

人に感動してもらうために必要なのは、自分が人に感動させてもらう経験

人を心から感動させるためには、自分が心から感動した経験が必要です。生まれついての聖人君子でもない限り、自分が経験したことがないことを、人に提供することなんて出来ません。

僕はアホなので、ボキャブラリーが少なすぎて正確な言葉が思い浮かばないのですが、たまに耳にする「無償の愛」って言葉が感覚として近いと思っています。受けたら感動するものですよね?

無信教なので宗教的な感覚はわからなくても、この冷たく機能的な時代においても、無償の愛的なものを感じたことはあります。神様からではなく、自分と同じホモサピエンスからです。ありがとうありがとうありがとうと何回いっても足りない・・・涙が溢れてくる・・・あなたはそんな経験をしたことがありますか?

そーゆー感動する経験をしたことがない人は、異性同性問わず、交友関係を見直したほうが良いと思います。ていうか、交友関係って自分の生き方が出るので、生き方を変えたほうが良いと思います。えらそうなことをいえる立場じゃないですし、正解なんてないとは思いますが、モテる男になりたいなら、好きな人がいてその人と本気で接したいなら、ね。

人を感動させるためには、自分が経験するしかないです。感動してください。感謝してください。めちゃくちゃ感動してください。

 

ヒント:イメージは親子関係

誰かに感動して欲しいな、喜んでもらいたいな、っていうときに、僕がよくイメージするのは親子関係です。通常、親は子に無償の愛を捧げますよね。ま、例外もあって、かくいう私は親子関係が上手くいっていた人間ではないので、人間以外の動物の親子をイメージします。

自然界に目を向けても、あの愛情ってすごいじゃないですか。親鳥が小鳥にエサを与えている様子とかを見ていて、グッと胸に込み上げてくるものがある。多くの子供は成長するまで知恵が足りずに親の愛に気付けないので、感動するのは大人になってからですが、映画とかでも親子モノが感動ストーリーの王道として残っているじゃないですか。

無償の愛ってあの親子の感動ストーリーの感覚に近いと思っています。恋愛映画を見てもモテるようにはなりませんが、親子の愛のストーリーの映画を観て超感動して、モテるようになることはあると思います。マジで。

つまり、相手の親になったような感覚になって誰かと接してみてください。誕生日のお祝いをしてみてください。相手の反応が全く違うことに気付けると思います。同様に、女を見るときにも、親のような気持ちで接することが出来る男ってモテるんです。年をとってモテる男がいるのは、この親目線が大なり小なり含まれていて、相手の女性が感動したり、安心感をもったりするからです。

 

綺麗事抜きでオッパイより大切なもの

セックスしたいという男の欲求と、相手に感動してもらいたい、って想いは同居しないって考えている方もいるでしょう。ヤレれれば良い的な人。そーゆー人はナンパもセックスもヘタクソだと思います。上手くいったとしても、それたまたまか自己満足です。

ナンパをするときに、常に目の前の女性に全力で相対することができない男は、なんていうのかな、、オーラがうすっぺらい。心の体力不足というか。。心から感動したことがあって、誰かに感動してもらったことがある男には、コミュニケーションの全てで敵いません。鋭い女性は会って、一言二言会話を交わした段階、5秒くらいでそれ見抜きます。

ナンパしたい!出会いたい!オッパイオッパイ!って叫ぶことを否定しているわけじゃないです。綺麗事をいっているつもりもなくて、今の時代のコミュニケーションのために、モテるために、ナンパで成功するために、、心からの感動ってどんな場面でもマジで必要なことだと思っています。

現代ってみんなテストとか受けて、機能的な面ばかり評価されてきたわけです。テストの点がダメだったらオワッテルお前イラネってなる。社会人になったら仕事の現場でも成績でのみ評価される。みんなそーやって育てられてきたので、心の底から感動したことも、感動させてもらえたことも、そもそもとして「人」として接してもらったことも少ない。

繰り返しますが、僕アホなので(文章力のなさでおわかりでしょう)、難しいことはよくわからないのですが、みんなどこかで寂しがっているのはわかります。だったら、あなたが感動を教えてあげてください。そしたら、そりゃモテますよ。同性からも女性からも。

自分も修行中です。頑張りましょう。

この感動というか愛というか、こればっかりはどんな心理学でも、脳科学でも、こじつけて説明することしか出来ないと思います。

 
(僕は「感謝」と「感動」をほとんど同じものとして考えています。正確にいえば、感謝ゆえの感動、という経験が最も重要だと考えているのですが、ややこしくて僕の頭では整理することができないので、なんか、ご容赦ください。)

関連記事

  1. モテる男の合コンセッティング術

  2. 好きな女性へのメール術

  3. 女心の本音としぐさ【メールなど】

  4. 女性との会話の話題がないならば・・・

  5. 女を口説く方法 口説き方とは?

  6. 女への印象付け

おすすめ記事

  1. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  2. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
  3. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方

管理人のTwitter

ページ上部へ戻る