menu
閉じる
  1. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  2. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
  3. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方
閉じる
閉じる

モテる男の条件研究室

「服は実店舗で試着して買う至上主義」と戦う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
服は実店舗で買うな

「服は必ず実店舗で試着してから買うべきだよアハハハ」

と洒落ている友人に洒落た言い回しで言われたことはありませんか?

そしてあなたは心の中で突っ込む。

 

「実店舗に着ていける服がねえよ」

「イケてる風の店員に気を使われながら向き合って話すのが苦痛なんじゃボケ」

「似合っていないものを似合っているとウソをつかれる恐怖ハンパない」

「あのなんか買わなくちゃ脱出できない感、アカン」

 

個人的な意見ですが、最初から実店舗で服を買う人のほうがバカです。

服は実店舗で試着して買う至上主義」の人って結構よく見かけるのですが惑わされたら負けです。

 

あのアパレルショップに漂う極限の苦痛の中で正しい判断が出来るわけがないんです。

それに9割以上のショップ店員は、自分に似合う服はわかっていても、他人に似合う服の判断はできません。

 

「実店舗にいけばあなたに似合う服が必ず見つかる☆」

みたいなオシャレ雑誌のウソに騙されないようにしましょう。

「実店舗にいけばあなたはカモになる☆」

の間違いです。

 

実店舗で服を買うときに張り巡らされている罠・罠・罠

例えば実店舗でシャツを試着するとします。

「これ試着してもいいですか?」といって試着室に入り着るわけですが、その際に履いているパンツ(ズボン)ってあなたがお店に履いてきたパンツです。

 

シャツはパンツとの組み合わせで見栄えがガラリと変わりますから、そのパンツと合っていなかった場合、全てが台無しです。

そして、あなたが鏡の前で「似合ってねー」と浮かない顔を浮かべていても、

 

「うん、このシャツは今履いていらっしゃるのよりも太めのやつと合わせるとバッチリでバランスが取れますね☆」

 

と魔法の言葉を仄めかして買わせる方向に持っていくわけです。

似合っていたらそのまま買わせて、似合っていなかったら合わせる他のパーツのせいにしてくる。

ファッション初心者のあなたが、想像の中でまだ見ぬパンツと合わせて「確かにそうかも!」なんて思えるはずがないのに。

 

メンズファッションはレディースよりも全体のバランスが大切になってきます。

それゆえに、バランスやらサイズ感いう抽象的な概念が、ファッション初心者に似合う服をわからなくさせ、さらにはショップ店員のキラートークとして利用されているわけです。

 

ファッション上級者だと、店頭に並んでいるパンツを指さして「これと合わせてみていいっすか?」とか色々試したりできるわけですが、そんな度胸がある人は少数派。

ていうかそんなの言える度胸があったら悩んでないはず。

(一応ショップ店員さんをフォローしておきますが、商売である以上、売らなくちゃいけないし、そのショップに置いてある服の中から薦めるものがなくても無理やり薦めざるを得ないわけで、難しい職業なのですが。。)

 

ネットショップ最高

というわけで少しお金はかかりますが、オススメの方法をご紹介します。

安いネットショップで大量に服を買ってください。

 

んで、自宅でありとあらゆる組み合わせを試してください。

自宅で、誰の目を気にすることもなく、試着をしまくってください。

 

これが一番近道。

実店舗で無理やり買わされて失敗しまくるとか時代錯誤な方法はもうやめましょう。

自分に似合う服がわかってくるまで、最初に少しお金はかかりますが、これから一生役に立つのでやったほうが良いと思います。

 

ネットショップで「何も考えずに」とにかく買う

安い服を、とにかく「色々なサイズ、形」の服を買ってください。

色だけは、似合わない人がいない黒とかグレーの同系色で揃えたほうが無難。色以外はバラッバラのものをネットショップでたくさん買ってください。

 

素材にこだわるとか上級者の視点は後でいいですから。素材にこだわるのはとりあえずパジャマだけにしておきましょ。

「履いてはじめて分かる形の良さ☆」とかもとりあえずどうでも良いです。

 

で、ネットで色々と買う際に特に意識したほうが良いのは、

  • 襟周りの広さ、形
  • 着丈の長さ
  • パンツの太さ

がバラバラのものを買う

ということです。

 

とくに襟周り。

服が似合わないと悩んでいる人の8割は襟周りの形が似合ってないだけですから特に色々な形のものを買ったほうが良いです。

 

「ネットじゃなくてユニクロでもいいじゃん?」って思う人もいるかと思います。でもユニクロって種類はものすごく多いのですが、万人受けを狙っているので形は意外と少ないんです。

襟周りの広さや着丈の長さもユニクロだけで選ぶと選択肢が少なくなってしまいます。それで服を諦めるのは早すぎます。ネットならもっと色々な形のものが見つかるので、極端に襟回りが変わっているようなものも選んで着てみてください。

 

とにかく着る。着倒す。着てはしゃぐ!

ネットで買った服が届いたらとにかく着倒してください。

色々な組み合わせを試してください。

 

場所は自宅の鏡の前。あなたを縛るショップ店員の目はありません。

着た服をどんなに着崩しても文句をいう人はいません。襟だって伸ばしてOKです。

あなたは自由です。自由なんです。恥ずかしがる必要はありません。

 

いろーんな組み合わせをしてみてください。

シャツのボタンいつもより一個多く外してみてください。

パンツを履く位置を変えてみてください。

 

あなたに合う服は絶対にあります。

最初はとにかく色々な形を試しまくるということをお忘れなく。

見つけたら似合わない服は全部売ってしまいましょう。

 

余裕があったら・・・

余裕があったらドクターマーチンでもレッドウィングでもなんでも良いので、とにかくシンプルなブーツ(色は黒か茶色)だけは一足揃えておいたらなおよし。

気付いていない人が多いのですがスニーカーってかなりの上級者アイテムなので、最初のうちはやめておいたほうが良いです。

スニーカーを履くだけで全てぶち壊しって結構あるんですが、ブーツならほとんど大丈夫なので。オシャレマン御用達の「外しでスニーカー☆」とかファッション初心者ならほぼ失敗するのでご注意を。

 

 

というわけで、メンズが自分に似合うファッションを見つけるためには実店舗ではなくてネットショップで見つけたほうが良いよね、というご提案でした。

オシャレ雑誌やオシャレショップ店員、オシャレ友人の「服は実店舗で試着して買う至上主義」に負けないようにしましょう。

最終的に服を選ぶのが楽しくなったらそのときに初めて実店舗に赴けば良いと思います。

関連記事

  1. 簡素化ファッションこそ最強

  2. モテる男と筋トレ及び筋肉の関係性

  3. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ

  4. モテる男の財布(本物を目指す方へ)

  5. 男のフェロモンの出し方

  6. ファッションに気を使わなくてはいけないのは何故か

おすすめ記事

  1. きれいめシンプルなメンズファッションを取り扱うショップ
  2. モテるハゲとモテないハゲの違い(禿げたらモテないのか?)
  3. キスが上手い男になれ、上手いキスの仕方

管理人のTwitter

ページ上部へ戻る